後悔はしていないと言えば嘘になるかもしれない

人生うん十年。趣味にかけてきた総額っていくらになるのだろう?
と考えると頭が痛くなる。

長い人生趣味が3回変わっている。

10代前半はミュージカルにハマり、一度離れ、10代後半にはとあるバンドにハマった。そして30代も半ばに差し掛かった頃再びミュージカルにハマった。

10代前半こそお金がない為そんなにお金を注ぎ込む事はなかったが、バンドにハマった時期はとにかくひどかったと思う。

全国ツアーがあれば街から街へついてまわる日々。チケット代、交通費、宿泊代。今思えばおそろしい額だ。

友人はキャッシング等にも手を出していたくらいだ。私はギリギリそこまではおちなかったご、何の為に働いているのか?ときかれればそのバンドの為だけに働いている日々だったと思う。

ライブというものは、夜が多い為、結婚を期に環境がそうもいかなくなり、バンドから卒業をした。

しかし、家にじっとしていられるわけもなく、たまたまテレビで見たかつて観ていた劇団に再びのめり込むことになる。
そして幸運な事にその劇団の公演は昼間という好条件。
チケット代もバンド時代の三分の一。

あっという間にその劇団にどっぽりとハマってしまう。

それがまたいけなかった。

気がつけば公演期間中ほとんど毎日劇場にいた。

趣味にハマると、とことんハマってしまう性格はいつまでたっても治らない。

趣味に使ったお金、使わずに貯めていたら今頃一戸建てぽーんと建てられていたのかな?なんて思う。

後悔してないかといえば。。。どうなんだろうな?

楽しい人生だったけど、平凡に暮らしていたら今頃どんな暮らししていたんだろうな?脱毛ラボ カウンセリング